事故歴の有無や状態を細かくチェックする

高級SUVを代表する車の一つランドローバーは、その性能の高さから世界中にファンがいます。日本でも人気が高く、市場に多く出回っていますが、中古で購入する時に気を付けなくてはいけないのが車の状態です。中古車は文字通り人が使っていた中古品という形になるため、前のオーナーの使い方で状態は大きく変わります。特に事故歴がある場合には注意が必要です。擦り傷や凹み程度であれば問題はありませんが、大掛かりな修復を行っている時は、どの程度まで改善しているかを確かめることが重要になります。走行に支障が出る破損だった時は、実際に試乗を行っておくと安心です。

走行距離と価格が適正になっているか

消耗品である車は、使用に伴ってパーツなどが徐々に劣化していきます。車の消耗度合いによって値段が下がる傾向にありますが、必ずしも適正な価格設定になっているとは限りません。中には、購入者が専門的な知識がないからといって、本来の相場よりも高く設定する悪質な業者も存在します。中古のランドローバーを購入する時は、価格の適性を見極めることが重要となりますが、素人がパッと見で判断するのが難しいというのは否めません。そこで重要となるのが走行距離です。一般的に中古車の値段は劣化が始まる3万km程度で大きく下がり、その後は2万kmごとに数万円程度下がると言われています。5万km前後の走行距離で400万円以上の価格設定になっている時は、その理由についてしっかりと説明を受けて、曖昧な返答をされる時は避けるのが無難です。

悪路でも力強く走り抜けるランドローバーは世界的に根強い人気を誇る高級オフロード車です。そのため、新車価格はかなり高額のものとなっています。ランドローバーの中古車なら百万前後で手に入れることも可能です。